デイ・トリッパー

日帰り温泉の話やら、近県へのドライブなど日々の暮らしの中で見聞きし、感じたことを…。

ヘッドランプ・ウォッシャー

f:id:abraxasm:20121026145425j:plain

車検から帰ってきて一日たった。駐車場に油染みた汚れが三ヶ所広がっているのに気づいた。左前輪前とバンパーの前、そしてそのやや左後方。

ホースで水をかけると気泡が消えず、やはりオイル系の染みだと分かる。

車検をしてくれた工場に電話すると、一度見に行きますとのこと。25日に電話があり、26日の午前中に伺うとのこと。

昨夜車をとめたとき、今度は水のようなものが流れているのに気がついた。今朝見ると、ほとんど乾いているが、うっすらと痕が残っている。

時間通りにやってきた担当者は、「これはウォッシャー液ですね。」といった。

「ヘッドランプ・ウォッシャーが作動したのでしょう。少しもれたりするんです。」

「ヘッドランプ・ウォッシャーですって?これ生きてるんですか?」

ヘッドランプの真下にある矩形の蓋状のものを指して聞くと、

「ランプを点灯してウィンドウ・ウォッシャーを作動すると自動的に出るんです。やってみましょうか?」

キイを渡し、ランプを見ていると、矩形の蓋が前にせり出し、内部からウォッシャー液が霧状に噴出した。

「これ形だけで動かないと思ってました。」というと、呆れたような表情を一瞬浮かべた。三回目の車検である。不覚であった。

左前輪前の染みは、セレスピードの液を補充したためのオーバーフロウだろうということが分かったが、残りの染みについては、しばらく様子を見ることにした。

それにしても、自分の車のヘッドランプ・ウォッシャーが生きていることを知らなかったなんて。ああ恥ずかしい。