デイ・トリッパー

日帰り温泉の話やら、近県へのドライブなど日々の暮らしの中で見聞きし、感じたことを…。

散歩の途中で

f:id:abraxasm:20131122132025j:plain

昨日買ったばかりの中折れ帽をかぶり、首にはインド綿のスカーフを巻いた。いつもの散歩道だが、今日はめずらしく財布と携帯をポケットに入れた。妻のコペンがドック入りしているので、電話が入り次第迎えに行かねばならない。

 

財布の方はというと、近所のパン屋が県内のランキング入りをしている記事をネットで見つけたからだ。前にも行列を見かけて気にはしていたが、財布を持ち歩かないので、のぞいたことがなかった。今日はまだ売り切れてなかったら買ってこようと思ったのだ。

 

残り少ないなかからゲットしたのは、チーズのフォカッチャ、チーズフォンデュ、玉ねぎパンの三個で五百円なり。袋に入れてもらって手に提げ、そのまま歩き出した。まだ散歩の途中。丑谷坂をおりて七五三でにぎわう神社を回って折り返した。

 

五十鈴川沿いの駐車場の桜の紅葉がちょうど見頃。もう少ししたら作業所の公孫樹を見に行かなければ。月読宮の楓も色づいてきた。わざわざ人で混みあう名所の紅葉見物に行くまでもない。

 

徴古館の楓も葉の先端のほうから徐々に緋色が増してきている。緑から赤へのグラデーションが今一番美しい。全山紅葉の景色も見事なものだが、常緑樹の多いこの地方では、杉や松のあいだに混じったカエデ類の赤さはひときわ華やかに見える。赤松の太い幹に日が当たり赤茶けた樹皮の色があざやかだ。セザンヌの絵によく似た色があった。

 

黒門の前を路面電車そっくりに塗装された乗合バスが通り過ぎる。小さい頃に乗った記憶がよみがえる。遠くまで出かけなくても、心楽しむものに出会えぬものでもない。